古語:

見做すの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

み-な・す 【見做す】

他動詞サ行四段活用

活用{さ/し/す/す/せ/せ}


(そうでないものを仮に)それと思って見る。


出典万葉集 六九〇


「照らす日を闇(やみ)にみなして泣く涙」


[訳] 照っている日を闇と思って見るほどに泣く涙で。


(そのようになるのを)見届ける。


出典源氏物語 夕顔


「命長くて、なほ、位高くなどもみなし給(たま)へ」


[訳] 長生きして、もっと位の高くなることなども見届けください。


世話をする。面倒を見る。


出典源氏物語 少女


「この君をだに、いかで思ふさまにみなし侍(はべ)らむ」


[訳] この君だけでも、なんとか(自分の)思うとおりに世話をしたいものです。








見做すのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

見做すのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




見做すのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS