古語:

言ひ遣るの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

いひ-や・る 【言ひ遣る】

他動詞ラ行四段活用

活用{ら/り/る/る/れ/れ}


(使者や手紙を通して)言葉で伝える。言い送る。


出典伊勢物語 五四


「昔、男、つれなかりける女にいひやりける」


[訳] 昔、男が、冷淡だった女に言い送った(歌)。


〔多く下に打消の語を伴って〕すらすらと言う。最後まで言う。


出典枕草子 宮の五節いださせ給ふに


「えもいひやらねば」


[訳] どうしてもすらすらと言わないので。


参考

「いひもやらず」もと同意の表現。「も」は挿入された強めの助詞。「いひもやらず、むせかへり給(たま)ふほどに」(『源氏物語』)〈最後まで言うこともできず、涙にむせかえりなさるうちに。〉









言ひ遣るのページへのリンク
「言ひ遣る」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

言ひ遣るのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




言ひ遣るのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS