古語:

訴ふの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

うた・ふ 【訴ふ】

他動詞ハ行下二段活用

活用{へ/へ/ふ/ふる/ふれ/へよ}


訴える。


出典宇治拾遺 五・六


「修理する者うたへ申すなり」


[訳] 修理する者が訴え申したのである。◆「うったふ」の促音「っ」が表記されない形。



うった・ふ 【訴ふ】

他動詞ハ行下二段活用

活用{へ/へ/ふ/ふる/ふれ/へよ}


訴訟をする。


出典今昔物語集 三一・一


「うったへ申す事も無かりけり」


[訳] 訴訟をし申すこともなかった。


申し出る。告げる。


出典平家物語 一〇・首渡


「両人しきりにうったへ申す間」


[訳] 二人がしきりに告げ申し上げるので。


参考

「うたふ」と、促音「っ」を表記しない例が多い。








訴ふのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

訴ふのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




訴ふのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS