古語:

論ずの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

ろん-・ず 【論ず】

他動詞サ行変格活用

活用{ぜ/じ/ず/ずる/ずれ/ぜよ}


議論する。論評する。


出典源氏物語 絵合


「この人々、とりどりにろんずるを」


[訳] この女房たちは、それぞれに(絵を)論評するのを。


言い争う。非難する。


出典徒然草 二〇九


「人の田をろんずる者、訴(うた)へに負けて」


[訳] 他人の田を(自分のものだと)言い争う者が、訴訟に負けて。


(道理などを)正しく解き明かす。


出典平家物語 一・鱸


「国を治め、道をろんじ、陰陽(いんやう)をやはらげをさむ」


[訳] (太政大臣というものは)国を治め道理を解き明かし、(天地の)陰陽を和合させて治める(ものである)。









論ずのページへのリンク
「論ず」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

論ずのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




論ずのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS