古語:

謝すの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

しゃ-・す 【謝す】

[一]自動詞サ行変格活用

活用{せ/し/す/する/すれ/せよ}


去る。


出典海道記 


「期(ご)来(きた)りて、生(しやう)をしゃせば」


[訳] 死ぬ時が来て、世を去れば。


[二]他動詞サ行変格活用

活用{せ/し/す/する/すれ/せよ}


わびる。謝罪する。


出典平家物語 一一・剣


「霊剣のたたりなりとして、罪をしゃして」


[訳] 霊剣のたたりであるとして、罪をわびて。


感謝する。


出典今昔物語集 九・三六


「景、深く喜びしゃしていはく」


[訳] 景(=鬼の名)が、深く喜び感謝して言うことには。


(恨みなどを)晴らす。たち切る。


出典保元物語 上


「遺恨のいたり、しゃするところをしらず」


[訳] 無念の極み、恨みをたち切ることができない。








謝すのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

謝すのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




謝すのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS