古語:

豈の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

あに 【豈】

副詞

〔下に打消の語を伴って〕決して。少しも。


出典日本書紀 仁徳


「あに良くもあらず」


[訳] 決して良くはない。


〔下に反語表現を伴って〕どうして。なんで。


出典万葉集 三四五


「価(あたひ)なき宝といふとも一坏(ひとつき)の濁れる酒にあに益(ま)さめやも」


[訳] 値段がつけられないほどに貴重な宝だといっても、一杯の濁り酒にどうしてまさろうか、いや、まさりはしない。


参考

中古以降は漢文訓読体にもっぱら用いられ、ほとんどがの用法となった。








豈のページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

豈のお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




豈のページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS