古語:

進ずの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

しん-・ず 【進ず】

[一]他動詞サ行変格活用

活用{ぜ/じ/ず/ずる/ずれ/ぜよ}


差し上げる。奉る。


出典平家物語 一・殿上闇討


「もしなほその咎(とが)あるべくは、かの身を召ししんずべきか」


[訳] もしそれでもまだみとがめがあるのならば、その(家来の)身を召し出して差し上げるべきでしょうか。


[二]補助動詞サ行変格活用

活用{ぜ/じ/ず/ずる/ずれ/ぜよ}


〔動詞の連用形に助詞「て」「で」が付いた形に付いて〕…(て)差し上げる。…(て)あげる。


出典鑓権三 浄瑠・近松


「汗拭(ぬぐ)うてしんぜう」


[訳] 汗をふいてあげよう。








進ずのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

進ずのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




進ずのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS