古語:

進退の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

し-だい 【進退】

名詞

思いのままにすること。◆「しんだい」の撥音(はつおん)「ん」が表記されない形。



しん-だい 【進退】

[一]名詞

進むことと退くこと。また、進めることと退けること。進退(しんたい)。


出典太平記 一


「しんだい歩みを失うて、頭(かうべ)をめぐらすところに」


[訳] 進退の方向がわからなくなって見まわしたところに。


一挙一動。立ち居振る舞い。


出典方丈記 


「しんだい安からず、起居(たちゐ)につけて恐れをののくさま、たとへば、雀(すずめ)の鷹(たか)の巣に近づけるがごとし」


[訳] 一挙一動が心配で、立ち居につけて恐れおののいているようすは、たとえば、雀が鷹の巣に近づいたようなものだ。


[二]名詞※「す」が付いて他動詞(サ行変格活用)になる

(人・物・土地などを)思いのままに扱うこと。また、思いのまま扱えるもの。


出典枕草子 正月に寺にこもりたるは


「屛風(びやうぶ)の高きを、いとよくしんだいして」


[訳] 屛風の高いのを、とてもうまく思いのままに扱って。









進退のページへのリンク
「進退」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

進退のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




進退のページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS