古語:

逸るの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

そ・る 【逸る】

[一]自動詞ラ行四段活用

活用{ら/り/る/る/れ/れ}


思わぬ方向に進む。離れる。それる。


出典落窪物語 一


「このごろ御心(みこころ)そり出(い)でて、化粧(けさう)はやりたりとは見ゆや」


[訳] このごろお心がそれて出て、化粧に夢中になっていると見えるよ。


[二]自動詞ラ行下二段活用

活用{れ/れ/る/るる/るれ/れよ}


[一]に同じ。


出典栄花物語 初花


「左よろづにおぼしむつかりて、…それにけり」


[訳] 左(の鶏)は万事につけて立腹し、…思いもかけぬ方向に行ってしまった。



はや・る 【逸る・早る】

自動詞ラ行四段活用

活用{ら/り/る/る/れ/れ}


興に乗る。夢中になる。


出典落窪物語 一


「化粧(けさう)はやりたりとは見ゆや」


[訳] 化粧に夢中になっていると見えるよ。


勇み立つ。勢いづく。


出典大鏡 頼忠


「いみじうはやる馬にて」


[訳] たいそう勇み立つ馬で。


あせる。いらだつ。


出典源氏物語 常夏


「この人も、はた、気色(けしき)はやれる」


[訳] この人も、またようすがいらだっている。








逸るのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

逸るのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




逸るのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS