古語:

避り敢へずの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

Weblio 辞書 > 古語辞典 > 学研全訳古語辞典 > 避り敢へずの解説 


学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

さり-あへ-・ず 【避り敢へず】

分類連語


避けきれない。


出典古今集 春下


「梓弓(あづさゆみ)(=枕詞(まくらことば))春の山辺を越え来れば道もさりあへず花ぞ散りける」


[訳] 春の山路を越えてくると道も避けきれないほどの桜の花が散っていることよ。


なりたち

動詞「さ(避)る」の連用形+動詞「あ(敢)ふ」の未然形+打消の助動詞「ず」








避り敢へずのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

避り敢へずのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




避り敢へずのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS