古語:

閏の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

うるふ 【閏】

名詞

暦と季節とのずれを調整するため月数を平年より多くすること。また、その月・年。


参考

陰暦の一年は三百五十四日であるので、実際の季節とはずれを生ずる。そのずれを調節するため同じ月を二度繰り返して一年を十三か月とする。その調節のための月を「閏月(うるふづき)」または「後(のち)の月」と呼び、閏月のある年を「閏年(うるふどし)」という。閏年は五年に二度、十九年に七度の割合で現れる。








閏のページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

閏のお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




閏のページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS