古語:

闇に惑ふの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

やみ-に-まど・ふ 【闇に惑ふ】

分類連語


現世のことにまどわされる。煩悩(ぼんのう)にまどう。


出典詞花集 雑下


「いかでわれ心の月をあらはしてやみにまどへる人を照らさむ」


[訳] なんとかして自らが心の月をあらわして(=仏道を成就させて)煩悩にまどっている人々を照らしたいものだ。


悲しみや嘆きのために分別心を失う。


出典源氏物語 椎本


「やみにまどひ給(たま)へる御あたりに」


[訳] 悲しみのために途方にくれておられる(姫君たち)のお近くに。








闇に惑ふのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

闇に惑ふのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




闇に惑ふのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS