古語:

しつらふの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

「しつらふ」を解説文に含む見出し語の検索結果(1~4/4件中)

分類連語(赤みを帯びて)美しく映えている。ほの赤い。出典万葉集 二五二三「さにつらふ色には出(い)でね」[訳] ほの赤いような顔色には出しませんが。参考赤い頰(ほお)をしているの意。「色」「君」「妹(...
分類連語(赤みを帯びて)美しく映えている。ほの赤い。出典万葉集 二五二三「さにつらふ色には出(い)でね」[訳] ほの赤いような顔色には出しませんが。参考赤い頰(ほお)をしているの意。「色」「君」「妹(...
副詞〔下に打消・反語の表現を伴って〕少しだけ(…ではない)。非常に…だ。出典万葉集 二五二三「さにつらふ(=枕詞(まくらことば))色にはいでねすくなくも心のうちにわが思はなくに」[訳] 顔色には出さな...
副詞〔下に打消・反語の表現を伴って〕少しだけ(…ではない)。非常に…だ。出典万葉集 二五二三「さにつらふ(=枕詞(まくらことば))色にはいでねすくなくも心のうちにわが思はなくに」[訳] 顔色には出さな...
< 前の結果 | 次の結果 >



   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳


©2020 Weblio RSS