古語:

さ丹頰ふの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

さに-つら・ふ 【さ丹頰ふ】

分類連語


(赤みを帯びて)美しく映えている。ほの赤い。


出典万葉集 二五二三


「さにつらふ色には出(い)でね」


[訳] ほの赤いような顔色には出しませんが。


参考

赤い頰(ほお)をしているの意。「色」「君」「妹(いも)」「紐(ひも)」「もみぢ」などを形容する言葉として用いられており、枕詞(まくらことば)とする説もある。


なりたち

接頭語「さ」+名詞「に(丹)」+名詞「つら(頰)」+動詞をつくる接尾語「ふ」








さ丹頰ふのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

さ丹頰ふのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




さ丹頰ふのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS