古語:

さんすの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

さん・す

他動詞サ特殊型

活用{せ/し/す/す/(すれ)/せ}


なさいます。▽「為(す)」の尊敬・丁寧語。


出典女腹切 浄瑠・近松


「せんかたなさに怖いことなどさんせぬか」


[訳] しかたなしに怖いことなどなさいませんか。◆「さしゃんす」の変化した語。近世語。



さんす

助動詞特殊型

《接続》四段・ナ変・サ変以外の動詞型活用の語の未然形に、カ変には連用形に付く。


活用{さんせ/さんし/さんす/さんす/さんすれ/さんせ}


〔尊敬〕…なさいます。…られます。


出典好色一代女 浮世・西鶴


「皆寝さんせぬか」


[訳] 皆さんおやすみなさいませんか。◆「さしゃんす」の変化した語。近世語。









さんすのページへのリンク
「さんす」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

さんすのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




さんすのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS