古語:

さりがたしの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

Weblio 辞書 > 古語辞典 > 学研全訳古語辞典 > さりがたしの解説 


学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

さり-がた・し

形容詞ク活用

活用{(く)・から/く・かり/し/き・かる/けれ/かれ}


(一)

【去り難し】別れがたい。捨てさりにくい。


出典源氏物語 夕顔


「背きぬる世のさりがたきやうに」


[訳] そむき捨てたこの世が捨てさりにくいように。


(二)

【避り難し】


避けにくい。逃れがたい。


出典源氏物語 夢浮橋


「頼もしげなき身一つをよすがに思(おぼ)したるが、さりがたき絆(ほだし)に覚え侍(はべ)りて」


[訳] 頼りがいもない(この私の)身ひとつを頼りどころにお思いになっているのが、世を逃れがたい絆(きずな)に思われまして。


辞退しにくい。断りにくい。


出典奥の細道 草加


「あるはさりがたき餞(はなむけ)などしたるは」


[訳] あるいは辞退しにくい餞別(せんべつ)などをくれたのは。








さりがたしのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

さりがたしのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




さりがたしのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS