古語:

さりの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

さ-・り

分類連語


まさに…である。


出典万葉集 四三九三


「大君(おほきみ)の命(みこと)にされば父母(ちちはは)を斎瓮(いはひへ)と置きて参(ま)ゐて来にしを」


[訳] まさに大君の仰せであるので、父母を神聖な瓶といっしょに置いて来たけれども。


なりたち

副助詞「し」+動詞「あり」からなる「しあり」が変化した形。



さ・り 【然り】

自動詞ラ行変格活用

{語幹〈さ〉}


そうだ。そうである。そのようである。


出典更級日記 大納言殿の姫君


「かしがましく鳴きののしれども、なほさるにてこそはと思ひてあるに」


[訳] うるさく鳴き騒ぐけれども、やはり(猫は)そうであるのであろう(=飼い主がそばにいないと鳴くものなのだろう)と思っていると。


適切である。そのことにふさわしい。


出典更級日記 大納言殿の姫君


「えいひよらぬに、さるべきたよりを尋ねて、七月(ふみづき)七日(なぬか)いひやる」


[訳] (所有者に)とても頼め込めないでいたが、ふさわしそうな縁故を見つけ出し、(その人を通して)七月七日に言い送る。◆副詞「さ」にラ変動詞「あり」の付いた「さあり」の変化した語。



さり 【舎利】

名詞

「しゃり」に同じ。









さりのページへのリンク
「さり」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

さりのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




さりのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS