古語:

さっしゃるの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

Weblio 辞書 > 古語辞典 > 学研全訳古語辞典 > さっしゃるの解説 


学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

さっしゃ・る

他動詞特殊型

活用{ら・れ・ろ/り・つ・れ・い/る/る/れ・るれ/れ・れい}


なさる。▽「為(す)」の尊敬語。


出典内沙汰 狂言


「これや何とさっしゃれたぞいの」


[訳] これは何となさったことだろうね。◆近世語。


参考

サ変動詞「す」の未然形に尊敬の助動詞「さす」と「らる」の付いた「せさせらる」が変化した語。



さっしゃる

助動詞特殊型

《接続》四段・ナ変以外の動詞型活用の語の未然形に付く。{さっしゃら・さっしゃれ/さっしゃり・さっしゃっ・さっしゃれ/さっしゃる/さっしゃる/さっしゃれ/さっしゃれ・さっしゃい}〔尊敬〕…なさる。


出典女殺油地獄 浄瑠・近松


「分別も何もいらぬ。ぼい出してのけさっしゃれ」


[訳] 考えることも何もいりません。追い出してしまいなさい。◆助動詞「さしゃる」の変化した語。近世語。








さっしゃるのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

さっしゃるのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




さっしゃるのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2018 Printed in Japan

©2018 Weblio RSS