古語:

さぞの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

さ-ぞ

副詞

〔下に推量の表現を伴って〕さぞかし。きっと。


出典平家物語 一一・逆櫓


「沖は、さぞ吹いて候ふらん」


[訳] 沖は、さぞかし(風が)吹いておりますでしょう。


注意

「さぞ」の「ぞ」から係り結びを生じて、結びが連体形となることがある。



さ-ぞ 【然ぞ】

分類連語


そうなのだ。▽文末にあるときは上のものを強く肯定する意を表す。


出典徒然草 一二


「『我はさやは思ふ』など争い憎み、『さるからさぞ』ともうち語らはば」


[訳] 「私はそのように思うか、いや思わない」などと言い争って非難し、「そうだからそうなのだ」と話を進めたら。


そのように。


出典源氏物語 須磨


「げにさぞ思(おぼ)さるらむと」


[訳] なるほど(紫の上は)そのようにお思いになられているであろうと。


なりたち

副詞「さ」+係助詞「ぞ」









さぞのページへのリンク
「さぞ」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

さぞのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




さぞのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS