古語:

さだにの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

さ-だに

分類連語


〔下に希望の表現を伴って〕せめてそのようにだけでも。


出典堤中納言 はいずみ


「親、『さだにあらせ給(たま)へ』と」


[訳] 親は「せめてそのようにだけでも(=男の家に娘を連れていくだけでも)させてください」と。


〔下に仮定の表現を伴って〕万一そのようにでも。


出典大鏡 師尹


「いとよかるべき事なれど、さだにあらば、いとどわが思ふことえせじ」


[訳] (結婚は)とてもよいにちがいないことだが、万一そのようにでもなれば、ますますわたしが思うことは、できないだろう。


なりたち

副詞「さ」+副助詞「だに」









さだにのページへのリンク
「さだに」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

さだにのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




さだにのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS