古語:

さねの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

さね

副詞

〔下に打消の語を伴って〕決して。


出典万葉集 三七五〇


「吾(あ)がごとく君に恋ふらむ人はさねあらじ」


[訳] 私のように、あなたに恋するであろう人は決していないだろう。


間違いなく。必ず。


出典源氏物語 薄雲


「行きて見て明日もさね来(こ)む」


[訳] (あちらへ)行って会って、明日には間違いなく帰って来よう。



さ-ね

分類連語


…なさってほしい。


出典万葉集 一


「この丘に菜摘ます児(こ)家聞かな告(の)らさね」


[訳] ⇒こもよ…。◆上代語。


なりたち

尊敬の助動詞「す」の未然形+終助詞「ね」



さ-ね 【さ寝】

名詞

寝ること。特に、男女が共寝をすること。◆「さ」は接頭語。



さね 【札】

名詞

鉄または牛の撓(いた)め革(=たたき固めた革)で作った、長方形の小板。幾枚もうろこ状に重ね、革や紐(ひも)でつづって甲冑(かつちゆう)を作る。



さね 【核・実】

名詞

果実の種。


根本のもの。本体。









さねのページへのリンク
「さね」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

さねのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




さねのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS