古語:

さびしさはの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

Weblio 辞書 > 古語辞典 > 学研全訳古語辞典 > さびしさはの解説 


学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

さびしさは…

分類和歌


「寂しさはその色としもなかりけりまき立つ山の秋の夕暮れ」


出典新古今集 秋上・寂蓮(じやくれん)


[訳] 寂しさを感じるのは、取り立ててどの色がそうだということもないのだったなあ。そこはかとなく寂しさが漂うよ、真木の群生する山の秋の夕暮れ時は。


鑑賞

「三夕(さんせき)の歌」の一つ。木々の紅葉など、はっきりそれと見てとれる「色」を超えたところに、秋の寂しさを感じとった歌。静寂そのものの秋の暮色は墨絵の世界を思わせる。また、この歌は下に打消を伴った「しも」の用法の代表例で、「としもなかりけり」は「ということもないのだったなあ」と訳す。









さびしさはのページへのリンク
「さびしさは」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

さびしさはのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




さびしさはのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS