古語:

三夕の歌の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

三夕の歌

分類文芸


『新古今和歌集』巻四に並ぶ、「秋の夕暮れ」を詠んだ三首の名歌。寂蓮(じやくれん)の「寂しさはその色としもなかりけりまき立つ山の秋の夕暮れ」〈⇒さびしさは…。〉、西行(さいぎよう)の「心なき身にもあはれは知られけり鴫(しぎ)立つ沢の秋の夕暮れ」〈⇒こころなき…。〉、藤原定家(ふじわらのさだいえ)の「見渡せば花も紅葉(もみぢ)もなかりけり浦の苫屋(とまや)の秋の夕暮れ」〈⇒みわたせばはなももみぢも…。〉の三首。『新古今和歌集』の代表的な名歌で、いずれも新古今調の特色をなす三句切れ・体言止めである。「三夕の和歌」とも。









三夕の歌のページへのリンク
「三夕の歌」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

三夕の歌のお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




三夕の歌のページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS