古語:

そそくの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

「そそく」を解説文に含む見出し語の検索結果(1~9/9件中)

分類連語幻のようにはかないこの世の分かれ道。出典奥の細道 旅立「まぼろしのちまたに離別の涙をそそく」[訳] まぼろしのようなはかないこの世の分かれ道で別れの涙を流す。
分類連語幻のようにはかないこの世の分かれ道。出典奥の細道 旅立「まぼろしのちまたに離別の涙をそそく」[訳] まぼろしのようなはかないこの世の分かれ道で別れの涙を流す。
自動詞カ行四段活用活用{か/き/く/く/け/け}①(波が)岩に打ちかかる。。出典万葉集 一三八八「いはそそく岸の浦廻(うらみ)に寄する波」[訳] 岩に打ちかかって海岸の入り組んだ所に寄せる...
自動詞カ行四段活用活用{か/き/く/く/け/け}①(波が)岩に打ちかかる。。出典万葉集 一三八八「いはそそく岸の浦廻(うらみ)に寄する波」[訳] 岩に打ちかかって海岸の入り組んだ所に寄せる...
自動詞カ行四段活用活用{か/き/く/く/け/け}①(波が)岩に打ちかかる。。出典万葉集 一三八八「いはそそく岸の浦廻(うらみ)に寄する波」[訳] 岩に打ちかかって海岸の入り組んだ所に寄せる...
[一]自動詞カ行四段活用活用{か/き/く/く/け/け}①(水が)流れる。出典日本書紀 応神「長(たか)き瀾(なみ)そそき湲(なが)る」[訳] 高い波が流れて。②(雨・雪などが)...
[一]自動詞カ行四段活用活用{か/き/く/く/け/け}①(水が)流れる。出典日本書紀 応神「長(たか)き瀾(なみ)そそき湲(なが)る」[訳] 高い波が流れて。②(雨・雪などが)...
[一]自動詞カ行四段活用活用{か/き/く/く/け/け}①(水が)流れる。出典日本書紀 応神「長(たか)き瀾(なみ)そそき湲(なが)る」[訳] 高い波が流れて。②(雨・雪などが)...
[一]自動詞カ行四段活用活用{か/き/く/く/け/け}①(水が)流れる。出典日本書紀 応神「長(たか)き瀾(なみ)そそき湲(なが)る」[訳] 高い波が流れて。②(雨・雪などが)...
< 前の結果 | 次の結果 >


   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

法人向けの高品質な翻訳サービス


©2019 Weblio RSS