古語:

なんの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

「なん」を解説文に含む見出し語の検索結果(1~10/149件中)

名詞「紫宸殿(ししんでん)」の別名。「なんでん」とも。◆「なんでん(南殿)」の「なん」の撥音(はつおん)「ん」が表記されない形。
名詞「紫宸殿(ししんでん)」の別名。「なんでん」とも。◆「なんでん(南殿)」の「なん」の撥音(はつおん)「ん」が表記されない形。
名詞(山道・海岸などの)通行に困難な場所。「なんしょ」とも。
名詞(山道・海岸などの)通行に困難な場所。「なんしょ」とも。
副詞なんだか。どうやら。出典腹立てず 狂言「なんとやら後光がさすやうにござる」[訳] なんだか後光がさすようです。
< 前の結果 | 次の結果 >


   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳


©2020 Weblio RSS