古語:

何とやらの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

なんと-やら 【何とやら】

副詞

なんだか。どうやら。


出典腹立てず 狂言


「なんとやら後光がさすやうにござる」


[訳] なんだか後光がさすようです。



なん-と-やら 【何とやら】

分類連語


なんとか。しかじか。うんぬん。


出典浮世風呂 滑稽


「女賢(さか)しくして牛をなんとやらで」


[訳] 女が利口だと牛をなんとか(=売りそこなう)(というわけ)で。


なりたち

代名詞「なに」+格助詞「と」+不確実を表す副助詞「やら」からなる「なにとやら」の変化した語。








何とやらのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

何とやらのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




何とやらのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS