古語:

何にかは為むの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

Weblio 辞書 > 古語辞典 > 学研全訳古語辞典 > 何にかは為むの解説 


学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

なに-に-かは-せ-む 【何にかは為む】

分類連語


いったい何のためになろうか、いや、何にもならない。▽反語の意を表す。


出典更級日記 物語


「几帳(きちやう)の内にうち臥(ふ)して引き出(い)でつつ見る心地(ここち)、后(きさき)の位もなににかはせむ」


[訳] 几帳の中に身を横たえ(少しずつ『源氏物語』を)取り出しては読んでゆく気持ちは、后という位もいったい何になろうか、いや、何にもならない。








何にかは為むのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

何にかは為むのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




何にかは為むのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS