古語:

何ぼうの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

なん-ぼう 【何ぼう】

副詞

どれほど。どんなに。


出典冥途飛脚 浄瑠・近松


「御用に立てば私も、なんぼうかうれしいもの」


[訳] お役に立てば私も、どんなにかうれしいこと。


たとえどんなに(…でも)。いくら(…ても)。▽譲歩し仮定する意を表す。


出典国性爺合戦 浄瑠・近松


「なんぼう飽かれた中なりとも」


[訳] いくら飽きのきた夫婦仲であっても。


なんとまあ。なんと。▽感動、驚きの気持ちを表す。


出典道成寺 謡曲


「なんぼう恐ろしき物語にて候ふぞ」


[訳] なんとまあ恐ろしい物語でございますことか。








何ぼうのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

何ぼうのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




何ぼうのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS