古語:

何とやらんの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

Weblio 辞書 > 古語辞典 > 学研全訳古語辞典 > 何とやらんの解説 


学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

なに-と-やらん 【何とやらん】

分類連語


なんとなく。


出典平家物語 二・徳大寺之沙汰


「余りになにとやらん心ぼそうて、徒然(とぜん)なるに」


[訳] あまりになんとなく心細くて、所在ない気持ちでいたのに。


いったい何であろうか。


出典平家物語 延慶本・成経等赦免


「慢々たる海上に、なにとやらんはたらく物あり」


[訳] 広々とした海上に、いったい何であろうか動く物がある。


なりたち

代名詞「なに」+格助詞「と」+係助詞「や」+ラ変補助動詞「あり」の未然形+推量の助動詞「ん」からなる「なにとやあらん」の変化した語。








何とやらんのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

何とやらんのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




何とやらんのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS