古語:

召すの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

「召す」を解説文に含む見出し語の検索結果(1~10/231件中)

名詞①雑事に召し使われる者。召使い。②身分の卑しい者。
名詞①雑事に召し使われる者。召使い。②身分の卑しい者。
名詞装束をお召しになること。◆「み」は接頭語。
名詞装束をお召しになること。◆「み」は接頭語。
名詞装束をお召しになること。◆「み」は接頭語。
名詞「司召しの除目(ぢもく)」の略。[反対語] 県召(あがため)し。
名詞「司召しの除目(ぢもく)」の略。[反対語] 県召(あがため)し。
名詞院の庁の「召し次ぎ②」の詰め所。また、そこに仕える人。
名詞院の庁の「召し次ぎ②」の詰め所。また、そこに仕える人。
名詞平安時代以降、国司などの地方官を任命する、宮廷の年中行事。通常、正月のうちに三日間行われ、「春の除目」ともいわれた。県召し。[反対語] 司(つかさ)召しの除目。
< 前の結果 | 次の結果 >



   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

法人向けの高品質な翻訳サービス


©2019 Weblio RSS