古語:

壇の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

「壇」を解説文に含む見出し語の検索結果(1~10/35件中)

名詞①御修法(みずほう)のとき、「五大尊明王(みやうわう)」を安置する五つの。②「五の御修法(みずほふ)」の略。◆仏教語。
名詞①御修法(みずほう)のとき、「五大尊明王(みやうわう)」を安置する五つの。②「五の御修法(みずほふ)」の略。◆仏教語。
分類連語真言密教で、五(=五大尊を安置する五つの)に祭った五大尊(=不動・降三世(ごうざんぜ)・軍荼利夜叉(ぐんだりやしや)・大威徳・金剛夜叉(こんごうやしや)の五明王(みようおう))を本尊として...
分類連語真言密教で、五(=五大尊を安置する五つの)に祭った五大尊(=不動・降三世(ごうざんぜ)・軍荼利夜叉(ぐんだりやしや)・大威徳・金剛夜叉(こんごうやしや)の五明王(みようおう))を本尊として...
名詞仏具の一つ。真言宗で、加持のときに香水(こうずい)(=仏前に供える水)をや供物などに注ぐためのつえ状のもの。◆仏教語。
名詞仏具の一つ。真言宗で、加持のときに香水(こうずい)(=仏前に供える水)をや供物などに注ぐためのつえ状のもの。◆仏教語。
名詞上代、変事を地方から都へ通報するための設備。要所の展望のきく所にを築き、昼は煙、夜は火で通報した。
名詞上代、変事を地方から都へ通報するための設備。要所の展望のきく所にを築き、昼は煙、夜は火で通報した。
名詞上代、変事を地方から都へ通報するための設備。要所の展望のきく所にを築き、昼は煙、夜は火で通報した。
名詞左右に脇侍(わきじ)を従えの中央に祭られる仏の像。「ちゅうそん」とも。◆仏教語。参考来迎(らいごう)三仏のうちの阿弥陀仏(あみだぶつ)、密教の五仏の大日如来(だいにちによらい)、五大明王(みよう...
< 前の結果 | 次の結果 >


   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳


©2020 Weblio RSS