古語:

宵の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

「宵」を解説文に含む見出し語の検索結果(1~10/79件中)

名詞夕方から眠くなること。また、その眠り。「(よひ)惑ひ」とも。
名詞夕方から眠くなること。また、その眠り。「(よひ)惑ひ」とも。
名詞に起きていること。また、その時。出典更級日記 かどで「つれづれなる昼間、よひゐなどに」[訳] することもなく所在ない昼間、に起きているときなどに。
名詞に起きていること。また、その時。出典更級日記 かどで「つれづれなる昼間、よひゐなどに」[訳] することもなく所在ない昼間、に起きているときなどに。
名詞月がまだ出ないの間の暗やみ。また、その時分。特に、陰暦十六日から二十日ごろまでのの暗やみ。[季語] 秋。
名詞月がまだ出ないの間の暗やみ。また、その時分。特に、陰暦十六日から二十日ごろまでのの暗やみ。[季語] 秋。
分類俳句「公達に狐(きつね)化けたりの春」出典蕪村句集 俳諧・蕪村(ぶそん)[訳] きつねが化けたあでやかな貴公子が闇(やみ)の中に立ち現れた。あたりは、おぼろ夜の春のである。鑑賞蕪村好みの王朝趣...
名詞夕方、西の空に見える金星。(よい)の明星(みようじよう)。◆後に「ゆふづつ」。[反対語] 明星(あかほし)。
名詞夕方、西の空に見える金星。(よい)の明星(みようじよう)。◆後に「ゆふづつ」。[反対語] 明星(あかほし)。
名詞夕方、西の空に見える金星。(よい)の明星(みようじよう)。◆後に「ゆふづつ」。[反対語] 明星(あかほし)。
< 前の結果 | 次の結果 >


   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

法人向けの高品質な翻訳サービス


©2019 Weblio RSS