古語:

新嘗会の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

「新嘗会」を解説文に含む見出し語の検索結果(1~4/4件中)

名詞大嘗会(だいじようえ)や新嘗会(しんじようえ)などの大祭に奉仕する人々が、けがれに触れないように装束の上に着る衣服。白布に草や小鳥などの模様を「青摺(あをず)り」し、右肩に赤い紐(ひも)を二本垂ら...
名詞大嘗会(だいじようえ)や新嘗会(しんじようえ)などの大祭に奉仕する人々が、けがれに触れないように装束の上に着る衣服。白布に草や小鳥などの模様を「青摺(あをず)り」し、右肩に赤い紐(ひも)を二本垂ら...
名詞①大嘗会(だいじようえ)・新嘗会(しんじようえ)などのとき、神事に奉仕する官人が特に厳しく心身を清め、けがれに触れないようにすること。「小忌衣(をみごろも)」を着て奉仕する。また、その...
名詞①大嘗会(だいじようえ)・新嘗会(しんじようえ)などのとき、神事に奉仕する官人が特に厳しく心身を清め、けがれに触れないようにすること。「小忌衣(をみごろも)」を着て奉仕する。また、その...
< 前の結果 | 次の結果 >



   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳


©2020 Weblio RSS