古語:

をみの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

を…み

⇒を(間投助詞)



を-み 【小忌】

名詞

大嘗会(だいじようえ)・新嘗会(しんじようえ)などのとき、神事に奉仕する官人が特に厳しく心身を清め、けがれに触れないようにすること。「小忌衣(をみごろも)」を着て奉仕する。また、その人。小忌人(おみびと)。


「小忌衣(をみごろも)」の略。◆「を(小)い(忌)み」の変化した語。



を-み 【麻績】

名詞

麻を細く裂き、より合わせて糸にすること。また、それを仕事とする人。◆「麻績(をう)み」の変化した語。









をみのページへのリンク
「をみ」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

をみのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




をみのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS