古語:

をのいれての意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

Weblio 辞書 > 古語辞典 > 学研全訳古語辞典 > をのいれての解説 


学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

をのいれて…

分類俳句


「斧入れて香(か)に驚くや冬木立」


出典秋しぐれ 俳諧・蕪村(ぶそん)


[訳] 葉を落とし尽くした冬の木立。枯れ木と思って斧を打ち込むと、生命をもつ木の香りが漂って来た。


鑑賞

嗅覚(きゆうかく)から冬木立の内に脈打つ生命を発見した鋭い感覚の句である。季語は「冬木立」で、季は冬。








をのいれてのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

をのいれてのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




をのいれてのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS