古語:

武道伝来記の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

「武道伝来記」を解説文に含む見出し語の検索結果(1~10/10件中)

分類連語落ちぶれて生活が苦しくなる。▽特に浪人者にいう。出典武道伝来記 浮世・西鶴「この里に、ねぐらの鳥のをはうちからし」[訳] この村里を寝る場所とした鳥が尾羽を傷つけたように、落ちぶれて生活が苦し...
分類連語落ちぶれて生活が苦しくなる。▽特に浪人者にいう。出典武道伝来記 浮世・西鶴「この里に、ねぐらの鳥のをはうちからし」[訳] この村里を寝る場所とした鳥が尾羽を傷つけたように、落ちぶれて生活が苦し...
分類文芸江戸時代の「浮世草子」のうち、武家社会に題材をとったもの。義理や敵討(かたきう)ちを重んじる武家社会の非人間的な面を、町人の側から批判的に描く。代表作は、井原西鶴(さいかく)の『武道伝来記』『...
分類文芸江戸時代の「浮世草子」のうち、武家社会に題材をとったもの。義理や敵討(かたきう)ちを重んじる武家社会の非人間的な面を、町人の側から批判的に描く。代表作は、井原西鶴(さいかく)の『武道伝来記』『...
分類書名浮世草子。井原西鶴(さいかく)作。江戸時代前期(一六八八)刊。六巻。〔内容〕西鶴の武家物の一つ。『武道伝来記』の続編で、敵討(かたきう)ちの話や武士の義理に関する二十六話より成る。
分類書名浮世草子。井原西鶴(さいかく)作。江戸時代前期(一六八八)刊。六巻。〔内容〕西鶴の武家物の一つ。『武道伝来記』の続編で、敵討(かたきう)ちの話や武士の義理に関する二十六話より成る。
形容動詞ナリ活用活用{なら/なり・に/なり/なる/なれ/なれ}①衣服の折り目が高くはっきりしている。出典膝栗毛 滑稽「洗濯布子(せんだくぬのこ)の糊(のり)こはきををりめだかに着なして」[...
形容動詞ナリ活用活用{なら/なり・に/なり/なる/なれ/なれ}①衣服の折り目が高くはっきりしている。出典膝栗毛 滑稽「洗濯布子(せんだくぬのこ)の糊(のり)こはきををりめだかに着なして」[...
[一]名詞①自分の目の前。また、こちら側。②体面。出典武悪 狂言「そなたのてまへ、面目もおりない」[訳] あなたに対する体面も、面目もありません。③腕前。技量。出典...
[一]名詞①自分の目の前。また、こちら側。②体面。出典武悪 狂言「そなたのてまへ、面目もおりない」[訳] あなたに対する体面も、面目もありません。③腕前。技量。出典...
< 前の結果 | 次の結果 >



   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳


©2020 Weblio RSS