古語:

尾羽打ち枯らすの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

Weblio 辞書 > 古語辞典 > 学研全訳古語辞典 > 尾羽打ち枯らすの解説 


学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

をは-うちから・す 【尾羽打ち枯らす】

分類連語


落ちぶれて生活が苦しくなる。▽特に浪人者にいう。


出典武道伝来記 浮世・西鶴


「この里に、ねぐらの鳥のをはうちからし」


[訳] この村里を寝る場所とした鳥が尾羽を傷つけたように、落ちぶれて生活が苦しくなり。◆鷹(たか)が尾羽を傷つけてみすぼらしくなることから。








尾羽打ち枯らすのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

尾羽打ち枯らすのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




尾羽打ち枯らすのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS