古語:

尾籠の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

び-ろう 【尾籠】

名詞

礼を失すること。無作法なこと。


きたならしいこと。汚らわしいこと。


出典浮世風呂 滑稽


「食べるとびろうながら、吐きまする」


[訳] 食べるときたならしいことですが、吐きます。◆「をこ」の当て字「尾籠」の音読。



おこ 【痴・烏滸・尾籠】

⇒をこ



をこ 【痴・烏滸・尾籠】

形容動詞語幹

⇒をこなり。


出典宇治拾遺 一一・六


「我がしたることを、人々騒ぎあひたり、をこのことかな」


[訳] 私がやったことなのに、人々が騒ぎあっている(のは)、ばかげたことだなあ。









尾籠のページへのリンク
「尾籠」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

尾籠のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




尾籠のページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS