古語:

尾籠なりの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

び-ろう・なり 【尾籠なり】

形容動詞ナリ活用

活用{なら/なり・に/なり/なる/なれ/なれ}


無礼だ。失礼だ。


出典平家物語 一・殿下乗合


「殿の御出(ぎよしゆつ)に参り会ひて、乗り物よりおり候はぬこそびろうに候へ」


[訳] 殿(=摂政基房(もとふさ))のお出ましにお会い申し上げて、乗り物からおりませんのは無礼でございます。


見苦しくて、恥ずかしいことだ。


出典平治物語 中


「びろうにて候へども、馬(むま)ねぶりをつかまつりて」


[訳] 恥ずかしいことでございますが、馬上での居眠りをいたしまして。


きたならしいことだ。



をこ・なり 【痴なり・烏滸なり・尾籠なり】

形容動詞ナリ活用

活用{なら/なり・に/なり/なる/なれ/なれ}


間が抜けている。ばかげている。


出典源氏物語 須磨


「行きかかりてむなしう帰らむ後ろ手も、をこなるべし」


[訳] (明石まで)出かけて行って、無駄骨を折って帰ってくる後ろ姿も、間が抜けているだろう。


参考

漢字表記「尾籠」は当て字であるが、これを音読して「びろう(=きたないようす)」という語ができた。








尾籠なりのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

尾籠なりのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




尾籠なりのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS