古語:

手前の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

て-まへ 【手前】

[一]名詞

自分の目の前。また、こちら側。


体面。


出典武悪 狂言


「そなたのてまへ、面目もおりない」


[訳] あなたに対する体面も、面目もありません。


腕前。技量。


出典武道伝来記 浮世・西鶴


「三手の矢五本当たり、ことさらてまへ見事なるに」


[訳] 六本の矢のうち五本当たり、特に腕前が見事であるが。


暮らし向き。生活。


出典日本永代蔵 浮世・西鶴


「てまへのよき親類も、銭銀(ぜにかね)の頼りにはならぬもの」


[訳] 暮らし向きのよい親類も、金銭面の頼りにはならないものだ。


茶を立てること。またその作法。◇ふつう「点前」と書く。


[二]代名詞

私。自分。


おまえ。▽多く目下の者に対していう。「てめえ」とも。









手前のページへのリンク
「手前」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

手前のお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




手前のページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS