古語:

源義経の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

「源義経」を解説文に含む見出し語の検索結果(1~10/13件中)

分類地名今の兵庫県神戸市須磨区の西部にある谷。源平の戦いの古戦場で、源義経が背後の鵯越(ひよどりごえ)から、平家の軍を奇襲して屋島に敗走させた合戦で知られる。
分類地名今の兵庫県神戸市須磨区の西部にある谷。源平の戦いの古戦場で、源義経が背後の鵯越(ひよどりごえ)から、平家の軍を奇襲して屋島に敗走させた合戦で知られる。
名詞①「じょう(判官)」に同じ。②特に、「検非違使庁(けびゐしちやう)」の第三等官。尉(じよう)。また、「衛門府(ゑもんふ)」の尉で検非違使を兼ねる者。③特に、源義...
名詞①「じょう(判官)」に同じ。②特に、「検非違使庁(けびゐしちやう)」の第三等官。尉(じよう)。また、「衛門府(ゑもんふ)」の尉で検非違使を兼ねる者。③特に、源義...
分類書名軍記物語。作者未詳。室町時代前期成立。八巻。〔内容〕源義経(よしつね)の数奇をきわめた悲劇的生涯に力点をおいて描いたもの。後世の文学に影響を与え、のちの「判官物(ほうがんもの)」のもととなった...
分類書名軍記物語。作者未詳。室町時代前期成立。八巻。〔内容〕源義経(よしつね)の数奇をきわめた悲劇的生涯に力点をおいて描いたもの。後世の文学に影響を与え、のちの「判官物(ほうがんもの)」のもととなった...
分類地名歌枕(うたまくら)。今の岩手県胆沢(いさわ)郡の南部を流れ、平泉で北上川に合流する川。付近に「衣の関」や、源義経(みなもとのよしつね)が襲われて自害した「衣川の館(たち)」がある。
分類地名歌枕(うたまくら)。今の岩手県胆沢(いさわ)郡の南部を流れ、平泉で北上川に合流する川。付近に「衣の関」や、源義経(みなもとのよしつね)が襲われて自害した「衣川の館(たち)」がある。
分類書名時代物浄瑠璃(じようるり)。竹田出雲(いずも)・三好松洛(しようらく)・並木千柳(せんりゆう)合作。江戸時代中期(一七四七)初演。〔内容〕平家再興をはかる知盛(とももり)・維盛(これもり)・教...
分類書名時代物浄瑠璃(じようるり)。竹田出雲(いずも)・三好松洛(しようらく)・並木千柳(せんりゆう)合作。江戸時代中期(一七四七)初演。〔内容〕平家再興をはかる知盛(とももり)・維盛(これもり)・教...
< 前の結果 | 次の結果 >



   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳


©2020 Weblio RSS