古語:

玉の小櫛の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

「玉の小櫛」を解説文に含む見出し語の検索結果(1~5/5件中)

分類文芸平安時代の文芸の美的理念の一つ。自然・人生に触れて起こるしみじみした内省的で繊細な情趣。あらわな表現を避けて、洗練された繊細さを重んじる。江戸時代、国学者本居宣長(もとおりのりなが)がその著『...
分類人名(一七三〇~一八〇一)江戸時代後期の国学者。伊勢国(いせのくに)(=三重県)松阪の人。号は鈴屋(すずのや)。医学のほかに古典を学び、研究と著述に従い、三十五年の年月をかけて『古事記伝』を完成し...
分類人名(一七三〇~一八〇一)江戸時代後期の国学者。伊勢国(いせのくに)(=三重県)松阪の人。号は鈴屋(すずのや)。医学のほかに古典を学び、研究と著述に従い、三十五年の年月をかけて『古事記伝』を完成し...
形容詞シク活用活用{(しく)・しから/しく・しかり/し/しき・しかる/しけれ/しかれ}(一)【他し・異し】他のものである。違っている。出典玉の小櫛 「あだし書どもは、かばかり長からぬだに」[訳] 他の...
分類連語どれほどのことがあろうか、いや、どうということもない。出典玉の小櫛 「かならず儒仏の意にことなりとて、なでふことかあらむ」[訳] (書物のおもしろさは)確かに儒教や仏教の意向とは異なるといって...
< 前の結果 | 次の結果 >



   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳


©2020 Weblio RSS