古語:

なでふことかあらむの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

Weblio 辞書 > 古語辞典 > 学研全訳古語辞典 > なでふことかあらむの解説 


学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

なでふ-こと-か-あら-む

分類連語


どれほどのことがあろうか、いや、どうということもない。


出典玉の小櫛 


「かならず儒仏の意にことなりとて、なでふことかあらむ」


[訳] (書物のおもしろさは)確かに儒教や仏教の意向とは異なるといっても、どれほどのことがあろうか、いや、どうということもない。


なりたち

連体詞「なでふ」+名詞「こと」+係助詞「か」+ラ変動詞「あり」の未然形+推量の助動詞「む」の連体形








なでふことかあらむのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

なでふことかあらむのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




なでふことかあらむのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS