古語:

なつのののの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

Weblio 辞書 > 古語辞典 > 学研全訳古語辞典 > なつのののの解説 


学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

なつののの…

分類和歌


「夏の野の繁(しげ)みに咲ける姫百合(ひめゆり)の知らえぬ恋は苦しきものそ」


出典万葉集 一五〇〇・坂上郎女(さかのうへのいらつめ)


[訳] 夏の野の生い茂る草の中にひっそりと咲いている姫百合の花のように、人知れず思い続ける恋は苦しいものだ。


鑑賞

片思いをするせつなさを詠んだ歌。「姫百合」の可憐(かれん)で小さな花のイメージと片思いの心情が調和している。上の句は「知らえぬ」を導き出す序詞(じよことば)で、自分は思ってはいるが、その思いが相手に知られていないことをいう。









なつののののページへのリンク
「なつののの」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

なつののののお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




なつののののページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS