古語:

なでふの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

なでふ

[一]連体詞

何という。どのような。いかなる。▽疑問の意を表す。


出典竹取物語 かぐや姫の昇天


「こは、なでふ事、のたまふぞ」


[訳] これはまあ、何ということをおっしゃるのか。


なにほどの。特にこれという。


出典枕草子 にくきもの


「なでふことなき人の、笑(ゑ)がちにてものいたう言ひたる」


[訳] 特にこれということのない人が、にこにこしてむやみにしゃべっている(のはしゃくにさわる)。


〔下に助詞「か」を伴って〕どういう…(か、いや、…ない)。どれほどの…(か、いや、…ない)。▽反語の意を表す。


出典枕草子 あはれなるもの


「ただ清き衣(きぬ)を着て詣(まう)でむに、なでふ事かあらむ」


[訳] ただもうきれいな衣服を着て参詣(さんけい)しようというのに、どれほどの支障があろうか、いや、支障はない。


[二]副詞

なんで。どうして。▽疑問・反語の意を表す。


出典徒然草 二三一


「なでふ百日の鯉(こひ)を切らんぞ」


[訳] どうして百日の鯉を(料理しているなどという口実をつけて)切ろうか、いや、そんな必要はない。


参考

「なにといふ」↓「なにてふ」↓「なんでふ」↓「なでふ」(撥音(はつおん)「ん」が表記されない形)と変化してできた語。









なでふのページへのリンク
「なでふ」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

なでふのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




なでふのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS