古語:

などての意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

など-て

副詞

どうして(…か)。なぜ(…か)。▽疑問の意を表す。


出典源氏物語 夕顔


「などて、かくはかなき宿りは取りつるぞ」


[訳] どうして、このように心細い所に宿をとったのか。◆副詞「など」に接続助詞「て」が付いて一語化したもの。


語法

文末の活用語は、疑問語「など」を受けて多く連体形となる。



など-て

分類連語


…などと言って。…などと思って。


出典蜻蛉日記 中


「『さらば、暮れに』などて帰りぬ」


[訳] 「それでは、夕方に(また来よう)」などと言って帰っていった。


なりたち

副助詞「など」+格助詞「とて」からなる「などとて」の変化した形。









などてのページへのリンク
「などて」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

などてのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




などてのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS