古語:

行ひの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

おこなひ 【行ひ】

名詞

動作。行為。振る舞い。


出典徒然草 一七二


「情けにめで、おこなひをいさぎよくして百年(ももとせ)の身を誤り」


[訳] 情にほだされ、行動を思いきってして長い一生をあやまり。


仏道の修行。お勤め。勤行(ごんぎよう)。


出典更級日記 宮仕へ


「などて、多くの年月をいたづらにて臥(ふ)し起きしに、おこなひをも物詣(ものまう)でをもせざりけむ」


[訳] 多くの年月をなすこともなく暮らしている間に、どうして仏道修行も寺参りもしなかったのだろう。









行ひのページへのリンク
「行ひ」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

行ひのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




行ひのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS