古語:

手を束ぬの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

て-を-つか・ぬ 【手を束ぬ】

分類連語


両手を組み合わせて敬礼する。


出典宇治拾遺 一一・一〇


「この行ひ人に逢(あ)ひて、てをつかねて泣くこと限りなし」


[訳] (鬼は)この行者に出会って、両手を組み合わせて敬礼して泣くことこの上ない。


腕組みしたまま何もしないでいる。手をこまねく。








手を束ぬのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

手を束ぬのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




手を束ぬのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS