古語:

ての意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

終助詞

《接続》言い切りの形に付く。〔感動をこめて軽く念を押したり、返答をうながしたりする〕…ね。


出典浮世風呂 滑稽


「しかし見所があるて。此(こ)の番頭はたのもしい」


[訳] しかし、見所があるね。この番頭はたのもしい。◆近世語。



格助詞

《接続》言い切りの形に付く。〔格助詞「と」に相当〕…と。


出典万葉集 四三四六


「父母(ちちはは)が頭(かしら)かき撫(な)で幸(さ)くあれて言ひし言葉(けとば)ぜ忘れかねつる」


[訳] ⇒ちちははが…。◆上代の東国方言。



接続助詞

《接続》活用語の連用形に付く。


〔継起〕…して、それから。▽ある動作・状態から、次の動作・状態に移ることを表す。


出典土佐日記 一二・二一


「住む館(たち)より出(い)でて船に乗るべき所へ渡る」


[訳] 住んでいる官舎から出て、船に乗ることになっている所へ移る。


〔並行〕…て。…て、そして。▽動作・状態が同時に進行・存在していることを表す。


出典徒然草 一九


「六月(みなづき)のころ、あやしき家に夕顔の白く見えて、蚊遣(かや)り火ふすぶるもあはれなり」


[訳] 陰暦六月のころ、粗末な家(の塀)に夕顔の花が白く見えて、そして蚊遣り火がくすぶっているのももの寂しく心ひかれる。


〔順接の確定条件〕…ために。…から。…ので。▽上に述べた事柄が原因・理由になって下の事柄が起こることを表す。


出典徒然草 一三七


「さはることありてまからで」


[訳] さしつかえる事があるので、(花見に)参りませんで。


〔逆接の確定条件〕…のに。…ても。…にもかかわらず。


出典徒然草 一四一


「都の人は言承(ことう)けのみよくて、実(まこと)なし」


[訳] 都の人は口先の返事だけは感じがよくても、誠実味がない。


〔順接の仮定条件〕…たら。…なら。


出典万葉集 三七一二


「ぬばたまの(=枕詞(まくらことば))妹(いも)が乾(ほ)すべくあらなくにわが衣手を濡(ぬ)れていかにせむ」


[訳] 妻が(そばにいて)干してくれるわけでもないのに、私の袖(そで)がぬれたらどうしよう。


〔状態〕…のようすで。…まま。


出典竹取物語 かぐや姫の生ひ立ち


「三寸ばかりなる人、いと美しうてゐたり」


[訳] (竹の中に)三寸(=約九センチ)ほどである人が、とてもかわいらしいようすで座っている。


〔補助動詞に続けるのに用いて〕…て。


出典土佐日記 一二・二一


「男もすなる日記(にき)といふものを、女もしてみむとてするなり」


[訳] 男も書くという日記というものを、女(である私)も書いてみようと思って書くのである。


参考

(1)完了の助動詞「つ」の連用形「て」が変化したもの。(2)動詞の撥(はつ)音便形やウ音便形に続いて「掘り食(は)んで」(神楽歌)「夕殿に蛍飛んで」(『源氏物語』)や「呼うで来てくだされ」(『冥途飛脚』)のように、濁音化することもある。(3)副詞の「かく」「など」「さ」に付いて「かくて」「などて」「さて」という副詞を作ったり、格助詞「と」「に」に付いて「とて」「にて」という複合助詞を作る。



完了の助動詞「つ」の未然形・連用形。



て 【手】

名詞

手。▽指・手のひら・手首・腕などにいう。


出典枕草子 すさまじきもの


「てを折りてうちかぞへなどして」


[訳] 指を折って、数えたりなどして。


(器具の)取っ手。横木。


出典枕草子 正月に寺にこもりたるは


「てもなき盥(たらひ)」


[訳] 取っ手もないたらい。


筆跡。文字。


出典枕草子 うらやましげなるもの


「てよく書き、歌よく詠みて」


[訳] 文字をうまく書き、歌も上手に詠んで。


腕前。技量。


出典源氏物語 帚木


「織女(たなばた)のてにも劣るまじく」


[訳] (裁縫も)織女の腕前にも劣らないに違いなく。


(物事の)やり方。型。


出典徒然草 一一〇


「いづれのてか、とく負けぬべきと案じて」


[訳] どのやり方が、早く負けてしまうだろうかと考えて。


部隊。軍勢。配下。


出典平家物語 九・河原合戦


「宇治のてを攻め落といて」


[訳] (義経(よしつね)は)宇治の軍勢を攻め落として。


傷。負傷。


出典平家物語 四・源氏揃


「わが身、て負ひ、からき命を生きつつ」


[訳] 自分の体は傷を負って、危ない命を保ちながら。



-て 【手】

接尾語

碁・将棋などの手数を数える語。「一て」。


矢二本を一組として数える語。「的矢(まとや)一て」。


そのことをする人を表す語。「使ひて」



て- 【手】

接頭語

〔形容詞に付いて〕手段・方法などの程度を強める。「て堅し」「て強(ごは)し」









てのページへのリンク
「て」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

てのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




てのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS