古語:

禁色の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

「禁色」を解説文に含む見出し語の検索結果(1~10/11件中)

名詞染め色の名。青みがかった黄色。「禁色(きんじき)」の一つで、主として天皇の衣服の色とされる。
名詞染め色の名。青みがかった黄色。「禁色(きんじき)」の一つで、主として天皇の衣服の色とされる。
名詞身分を問わず、使用を認められた衣服の色。特に、紅や紫の淡い色をさしていう。[反対語] 禁色(きんじき)。
名詞身分を問わず、使用を認められた衣服の色。特に、紅や紫の淡い色をさしていう。[反対語] 禁色(きんじき)。
名詞身分を問わず、使用を認められた衣服の色。特に、紅や紫の淡い色をさしていう。[反対語] 禁色(きんじき)。
分類連語「禁色(きんじき)」とされた色の衣の着用を許される。出典伊勢物語 六五「昔おほやけおぼして使う給(たま)ふ女の、いろゆるされたるありけり」[訳] 昔、帝(みかど)がご寵愛(ちようあい)になって...
分類連語「禁色(きんじき)」とされた色の衣の着用を許される。出典伊勢物語 六五「昔おほやけおぼして使う給(たま)ふ女の、いろゆるされたるありけり」[訳] 昔、帝(みかど)がご寵愛(ちようあい)になって...
名詞①緋(ひ)・紅(べに)・朱色などの総称。②染め色の一つ。やや黒みがかった赤色。「禁色(きんじき)」の一つ。③織り色の一つ。縦糸が紫、横糸が赤といわれる。]...
名詞①緋(ひ)・紅(べに)・朱色などの総称。②染め色の一つ。やや黒みがかった赤色。「禁色(きんじき)」の一つ。③織り色の一つ。縦糸が紫、横糸が赤といわれる。]...
自動詞ラ行上二段活用活用{り/り/る/るる/るれ/りよ}①許可される。認められる。出典平家物語 一・吾身栄花「禁色(きんじき)・雑袍(ざつぱう)をゆり」[訳] 禁色の衣服(を着ること)や略...
< 前の結果 | 次の結果 >



   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳


©2021 Weblio RSS